ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて‥ 長篠の戦い「織田信長」公

2016/07/28

戦国武将を訪ねて‥ 長篠の戦い「織田信長」公

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

LOGO_Bokashi
    〈地域密着で安心リフォームをお約束〉
埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 

IMG_0988_R 戦国武将を訪ねて‥  長篠の戦い「織田信長

 

IMG_0995_R

1573年4月「信玄」の死により最上作戦を中止せざる得なくなった「武田家」。甲斐に戻り家督を継いだ「勝頼」のそれからの行動は早かった。その年の10月には遠江に侵攻。翌1574年1月には「信長」配下の美濃「明智城」を降す。そして同年5月には父「信玄」すら落とせなかった「高天神城」を落としている。意気上がる「勝頼」は翌1575年3月1万5000の兵を率いて「長篠城」を囲んだ。これに対し「信長」「家康」の援軍要請を受けて3万の兵で臨む事を決定。今回ばかりは「武田」を叩く必要ありとの判断だったのだろう。

1575年5月13日に「岐阜城」を出陣した「信長」「桶狭間合戦」時に詣でた「熱田神宮」に再び詣でている。「武田」を叩く決意は、なみなみならぬものがあった。

翌14日「岡崎城」に到着。ここで援軍を要請してきた「家康」と合流。この「岡崎城」において長時間の軍議を開く。ここで「信長」が秘策を述べている。それは‥

IMG_1075_R

「長篠城」を逆包囲するのではなく‥

IMG_1100_R

手前の「設楽原」に‥

IMG_1113_R

城柵を築き‥

IMG_1105_R

多数の鉄砲を用意して戦いに挑むというものであった。「武田騎馬隊」に対抗する為の手段として「信長」は絶対の自信を持っていた。それは「相手を全滅させ味方は1人も損なわない」と述べている事からも分かる。

IMG_0925_R

IMG_0912_R

IMG_0920_R

「信長」が本陣とした「茶臼山」。 
「勝頼」「長篠城」を包囲して10日。城攻めは膠着状態のままである。5月18日には「織田・徳川連合軍」「岡崎城」を発し「長篠城」手前4kmの「設楽原」に到着した。しかし「信長」は動かなかった。なぜならここで対「武田」の秘策を築くためだあった。但しこの作戦の成否は「勝頼」の本隊が「長篠城」の囲みを解きここ「設楽原まで出陣してくるかどうかにかかっていた。

IMG_1138_R

「信長」嫡男「織田信忠」が本陣を置いた「天神山野辺神社」。当時20歳。

IMG_1101_R

「連吾川」手前に‥

IMG_1109_R

3重の「馬防柵」を造り‥

IMG_1110_R

「空堀」「土塁」に加えて背後の丘を階段状の崖へと造り変えた。そして「信長」が巧妙だったのは「勝頼」をこの「設楽原」に引き入れる為にあえて自軍の弱さを吹聴した事だ。それは臆病風に吹かれて「長篠城」まで攻め込む事が出来ないと言った類のものであった。その策にまんまと「勝頼」はのってしまった。過去の「三方ヶ原合戦」等を見ても「織田・徳川軍」はいつも弱かった。「勝頼」はそんな印象を鮮明に感じていた事もあったのだろう。

IMG_1104_R

そして5月20日のうちに「勝頼」は1万2000の兵を率いて「設楽原」に着陣。陣形は「鶴翼の陣」

IMG_1108_R

IMG_1116_R

連吾川を隔てて「織田・徳川連合軍」が築いた「馬防柵」の向うには‥

 

IMG_1106_R

3000挺の「鉄砲足軽隊」が配備されていた。結果は‥前回までにお伝えした通りである。ただ特筆すべきは「信長」が考案したいわれる「鉄砲三段撃ち」だろう。現在ほこの「三段撃ち」説は否定されているが3000挺の鉄砲が雌雄を決したのは事実である。

IMG_1126_R

「大宮前激戦地」「設楽原」の北側の主戦場。「織田・徳川軍」「佐久間信盛滝川一益」「武田軍」「馬場信春真田兄弟」が激突した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「長篠合戦」勝利後の「信長」はいよいよ天下統一に邁進していく。1576年(天正4)には琵琶湖のほとりに「安土城」の築城を開始する。これにより東山道・北国街道及び琵琶湖水運を押さえた事により京をうかがう準備が整った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年後には五重七階の天主が完成。まさに「信長」は絶頂期を向かえた。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
     
リフォーム無料相談


↑ホームページはこちらから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.net

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop