ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…初代「井伊直政」公と歴代藩主

2011/12/17

戦国武将を訪ねて…初代「井伊直政」公と歴代藩主

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。  戦国武将を訪ねて… 初代「井伊直政」公と歴代藩主 「小谷城」「長浜城」と来て次は現存天守かつ国宝天守「彦根城」。この城の武将と言えば徳川四天王「井伊直政」公。但し「彦根藩」の礎を築いた人であって存命中「彦根城」は存在しませんでした。 「関ヶ原の戦い」の功により「石田三成」公の旧領「佐和山」に入りましたが「関ヶ原」で受けた鉄砲傷が元で1602年に亡くなってしまいます。 「彦根城」築城は翌1603年から始まり(「直政」公の死は「三成」公の怨念と言う噂を払拭する為「佐和山城」を廃して築城を急がせたとの事)2代「井伊直孝」公の時代に完成します。
「彦根城」の城下町としての完成は1622年「彦根城」は戦国時代最末期から江戸時代初頭のお城です。そんな事もあり幸いにも戦火に合っていません。但し城主である「直孝」公「大阪の陣」「徳川軍」の先鋒を努めています。写真は「佐和口」を入った所です。 初代「直政」公は元は遠江の出身で「家康」公に見出され、かの「秀吉」公も高く評価されていたそうです。2代「直孝」公も父「直政」公に劣らぬ武将として賞賛されていたそうです。写真は「表門山道」を上がって「天秤櫓」を見上げた所です