ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…常陸国「岡見氏」

2012/02/13

戦国武将を訪ねて…常陸国「岡見氏」

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉  埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。  戦国武将を訪ねて… 常陸国「岡見氏」 今回は常陸国南部を支配した「岡見氏」を訪ねてみました「岡見氏」聞いた事ありますか?現在の茨城県牛久市に勢力を伸ばしていた超マイナー戦国武将です。もはや戦国武将と呼べるか定かではありません。戦国時代の関東にはこの「岡見氏」のように小さな豪族が沢山いて勢力を争っていました。この時代、関東の最大勢力は小田原の「北条氏」「岡見氏」「北条氏」と同盟を結び(同盟というよりも支配下に入ったというべき)勢力を付けてきました。その「岡見氏」の居城は「牛久城」但し今回、訪ねたのは「岡見城」「小坂城」の2平山城址。まず向かったのは「岡見城」です。 現在も牛久市には岡見町という住所があります。向こうに見える木々の中が「岡見城」になります。 城址の石碑と「岡見氏」の供養塔が建っています。 そこから右手には土塁が残っています。 ここは本殿のあった場所で単体の館だったそうです。ほぼ正方形の形で土塁もその様に残っています。 高い土塁が良く残っています。 途中、石碑が建っていました。何かは分かりませんでした。
本殿、東側の溜め池。この溜め池を挟んで西殿があったそうです。推測するにこの池は堀の役目をしていたのでは? 溜め池から見た西殿です「岡見城」「岡見氏」を最初に名乗った城との事「岡見氏」自体あまりにマイナーすぎて良く分かってない事が多いそうです。1587年~1590年頃の当主「岡見治広」公「牛久城」本拠を「岡見城」から移したそうです。その年は「豊臣秀吉」公が九州の「島津義久」公を降伏させた年。そして1590年に「岡見氏」の同盟国「北条氏」を小田原に攻めています。そして「北条氏」「秀吉」公に滅ぼされると同時に「岡見氏」も運命を共にします。この年から遡る事、約30年前にも「岡見氏」「上杉謙信」公「北条氏」の間でどちらに付くかの対応を責められています。戦国期、関東には生え抜きの力強い武将がいなかった為に中小の豪族が乱立していました「岡見氏」もそんな豪族の1つだったのでしょう。 さて場所を移動してもう一つの居城「小坂城」です。 残念ながら整備中で入城する事が出来ませんでした。但し牛久市が積極的に整備・保護しようとしているのは良い事です。 ブルーシートが掛かっているのが階段。ここから入城するようです。 「史跡 小坂城」の文字も見えます。 城址の散策図も掲示してあります。 坂東武者は個々の身体能力は高くても国を一つに納める力量に乏しかったのか…。ここで勢力を伸ばした「岡見氏」も時代の流れを読み違えたのでしょう。後世に鮮明に名を残す程ではありませんでした。ただ、ここに来てみて間違いなく「岡見氏」が存在した事。城址から多少なりとも感じる事は出来ました。 リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。   フォーム無料相談 ←ホームページはコチラから! (株)SHOT PLAN www.shot-plan.net TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845 MAIL/info@shot-plan.net

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop