ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「伊達正宗」公と「片倉小十郎」公 - 前篇

2012/11/10

戦国武将を訪ねて…「伊達正宗」公と「片倉小十郎」公 - 前篇

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!                              〈地域密着で安心リフォームをお約束〉 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。  戦国武将を訪ねて…「伊達正宗」公「片倉小十郎」公 - 前篇 仙台と聞けばこの武将を見過ごすわけにいきません。独眼竜こと「伊達正宗」公です。 仙台到着後スグに向かった「三瀧山(みたきさん)不動院」でもいきなり出会いました、 「奥州仙台おもてなし集団 伊達武将隊」平日にもかかわらず精力的に活動しているようです。この後の「仙台城」でも遭遇しました。 さて「三瀧山」と院内の福の神「仙台四朗」さんに挨拶して、いよいよ「正宗」公を訪ねる事に。利用した交通機関は… 仙台市内の観光名所を巡回してくれるバス「るーぷる仙台」 まず向かったのは「瑞鳳殿(ずいほうでん)正宗」の霊屋です。つまりお墓ですね。バスを降りて長い坂道と階段を登ると… 「瑞鳳殿」を囲む門が現れます「涅槃(ねはん)門」と言います。入館料を払い門をくぐると… 「正宗」公の墓所「瑞鳳殿」の姿を見る事ができます。 まさに「正宗」公らしい豪華絢爛さです。以前の建物は戦災に会い現在の物は再建になります。 こちらは「感仙殿」二代藩主「伊達忠宗」公の霊屋です。 そして「善応殿」三代藩主「伊達綱宗」公の霊屋。全て同じ境内にあります。いずれも桃山様式が色濃く残る建築美です。 再度、巡回バスに乗り向かったのは「仙台城」。本来なら歩いて本丸まで来たかったところですが時間の関係でバスで一気に登ってきました。そのバスも現在は大手門から登るルートではありません。どうやら震災の影響で運休区間になっていました「正宗」公騎馬像は天守台に立っています。 「正宗」公のそばに建つ「昭忠塔」の鷲の像は震災で折れてしまったと聞いていましたが、やはり無残な姿になっていました。前回、訪れた時の姿を胸に想い「仙台城」を後にして… 次に向かったのは「松島」。ここにも「正宗」公ゆかりの場所が幾つかあります。 まずは「正宗」公が現在のお堂を建立した「五大堂」写真は「五大堂」のある島に架けられた「透かし橋」 1604年に再建した物だそうです。400年以上の歴史にはさすが圧倒されます。 こちらは「瑞巌寺」に向かう灯道です。 震災による津波はこの灯道まで押し寄せたそうです。横たわっているのはその影響でダメージを受け、伐採された杉だそうです。 「瑞巌寺」「正宗」公の菩提寺。時間がなかったので拝観はできませんでした。 こちらは「円通院」正宗」公の孫にあたる「光宗」公の霊廟です。こちらも時間の関係で中には入りませんでした。 そして「正宗」公長女「五郎八(いろは)」姫の霊廟に向かう参道です。本当に「松島」の地も「伊達」家にとって縁深い事が良くわかります。さて「松島」を後にして次に向かったのは「白石」ですがその模様は次回にお伝えします。 リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。    リフォーム無料相談 ←ホームページはコチラから! ㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845 MAIL/info@shot-plan.net

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop