ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「結城氏」

2013/08/22

戦国武将を訪ねて…「結城氏」

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。
戦国武将を訪ねて… 「結城氏


「弘経寺」
。結城市にあるこの寺は1595年創建以来一度も焼失していない。開基は「結城氏」18代「結城秀康」公

正面の賽銭箱には徳川の家紋が。これは「秀康」公が徳川の出身だからだろう。

「関ヶ原の戦い」翌年まで「結城氏」が結城の発展に尽くしていたそうだ。地元にある造り酒屋(結城酒造)さんの御主人によると創業者は近江の出身。当時「秀康」公にこの地で酒を造れと近江から連れてこられたそうだ。それまで伏見にいた「秀康」公いわく関東には碌な酒はないだろうからと。相当、酒が好きだったそうだ。但し1601年に「結城氏」は越前への国替えになる。殿様のいなくなった町は衰退する。そんな事も御主人はおっしゃっていた。

「結城城」。木々の手前、田の部分に「実城」と呼ばれる本丸があったそうだ。

曲輪内から見た「実城」部分。

現地の説明では「実城」「西館」を結ぶ「土橋」

「土橋」から見た「空堀」。ここは見応えがある。さて「結城氏」を戦国大名に押し上げたのは15代結城政朝」公「結城氏中興の祖」とも言われている人物。その「政朝」公を含めて初代「朝光」公から16代「政勝」公を訪ねて向ったのは‥

「慈眼院結城家御廟」「結城城」から南へ徒歩20分の場所にある。


全部で20基の五輪塔。周囲は堀で囲まれ小さな曲輪の上にひっそりと建ち並んでいる。結城市において「結城氏」を感じる物はあまり多くはない。但し街を歩くとかつて城下町だった事は感じる事はできる。観光地化されていないのでむしろ想像力は膨らむ。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.net 

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop