ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「後北条氏」その1《山中城と石垣山一夜城》

2014/05/01

戦国武将を訪ねて…「後北条氏」その1《山中城と石垣山一夜城》

 リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…北条氏」

その1山中城石垣山一夜城》

1590年「豊臣軍」の総攻撃を受けた「後北条氏」の城「山中城」

その「山中城」攻略後、「後北条氏」本拠「小田原城」手前3Kmの山頂に築いた「秀吉」公の城「石垣山一夜城」東西の築城の違いを比較してみたく、それぞれ訪ねてみた。

「山中城本丸

「一夜城本丸」

「山中城二の丸」から「元西櫓」、その先の「西の丸」を見る。


「一夜城二の丸」から「本丸」を見る。石垣が良く残っている。

「山中城西の丸」から富士方面を見る。

「一夜城本丸物見台」から「小田原城」方面を見る。

ここから当時の東西の違いがハッキリ分かる。「山中城畝堀」「後北条氏」独特の防御術。

当時の関東にはない石を使った防御術。

「山中城西櫓」「西ノ丸」の間にある「障子堀」「西ノ丸」の上にいる人達と比較すると「障子堀」の大きさや「西の丸」の高さがいかに大きかったが分かる。

「一夜城二の丸曲輪」に高く盛られた「本丸曲輪」。この上に更に「天守」があった。

「山中城土橋と木橋」の連結。いざという時は「木橋」を落としたのだろう。

「一夜城井戸曲輪」。当時の石垣構築術には圧倒される。

「山中城一の堀」「山中城」は復元整備(不自然な位)され説明板も随所にある。これが無料で体感できるのには感動する。

「一夜城」の石垣。豪快な「野面積」。石が一つ抜けたら崩れるだろう事が分かる。

「後北条氏」の城はその言葉通り「土を盛る」。その事が良く理解できるのがこの「山中城」だろう。その「山中城」からわずか20kmの場所にある‥

「一夜城」。当時の最新技術を「後北条氏」に見せつけるが如くの「秀吉」公の思惑もここでは見て取れる。両者は東西の築城技術を短時間で比較できる、とても興味深い場所である。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.net 

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop