ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「後北条氏」その5「北条氏照」公 再訪

2014/05/22

戦国武将を訪ねて…「後北条氏」その5「北条氏照」公 再訪

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…北条氏」

その5「北条氏照」公 再訪

「北条氏照」公「八王子城」に再び訪ねてみた。

3年前に訪ねた時は建設中だった「八王子城跡ガイダンス施設」がオープンしていた。

「氏照」公「八王子城」の歴史を映像や模型を使って分かりやすく解説してくれるので入城前に見ておくのが良い。

さて前回は訪ねなかった「要害地区」と呼ばれるエリアから入った。ここは戦闘時に要塞となる地区、すなわち籠城用に深沢山が要塞化されている地区である。今回は頂上の「本丸」を目指すハイキングコースを使って入城した。

ここは「北条」の城には珍しい石垣が多用されている。現在もその遺構はある。

登って早々に「曲輪」が雛段となって現れてくる。もちろん防備のための工夫だ。

「金子丸」「金子三郎左衛門家重」「豊臣軍」の攻撃をここで守っていた。「本丸」までの中段にある。

「柵門跡」「豊臣」「上杉景勝軍」は右手から攻め入ってきた。正面は「本丸」に続く道。

「本丸」まで上り坂が続く。ハイキングコースとはいえかなりキツイ。それなりの装備をしてきて正解だった。

「高丸」。ここで八合目あたりか。

「中の曲輪」。ここから八王子市街が一望できる。快晴ならば房総半島まで望めるそうだ。

「八王子神社」「氏照」公が築城にあたり城の守護神とした「八王子権現」が祀られている。

そこには「高尾山薬王院 天狗」と同じような像が。「氏照」公深く「高尾山」を信仰していたのが分かる。

ここから「松木曲輪」へ。

ここは「中山勘解由家範」が守備していた「曲輪」

「小宮曲輪」

ここの守備は「狩野一庵」「八王子城」の陥落はここが「上杉軍」により破られた事による。

そして頂上の「本丸」へ。

ここは思ったより広くはない。ここを守ったのは「横地監物吉信」

下山にあたりもう一度、八王子市街を見てみた。ここから麓に戻り「氏照」公の館がある「居館地区」に行ってみる事にした。

ここから「居館地区」に入る。この橋は当時はなく現在の入城ルート用に架けられた橋。

ここまで来る間にも幾つかの「曲輪」を目にする。ここもその1つ。ここから‥

かつての「大手門」があった場所に繋がる。見下ろした「曲輪」「大手門広場」

気になったのは「大手門跡」の説明の「曳橋通行止め」の知らせ。

「大手門」から「大手道」を経て城山川を渡るのに使うのがこの「曳橋」。ここから見る限りは何ともない様子。聞くと床板が歪んでしまったらしい。大事をとって通行止めにしているそうだ。3年前に来た時は通行できた。「八王子城」の最大の見どころは‥

「曳橋」を渡り「石垣」を確認して「石段」を登り「枡形虎口」に至るという入城シーン。その先が「御主殿」。それを体感できないのは非常に残念。早期の修復を望む。

「曳橋」を使わず対岸の江戸時代に造られた林道を使って「御主殿」へ。「曲輪」に多用された「石垣」が、あちこちに残っている。

林道を使うと「曳橋」の真下にでる。「石垣」の下方、薄茶色になった列が当時の「石垣」。上方は復元。

「曳橋」を抜けた先には「御主殿の滝」。3年前に来た時は流水していたが今は年間を通して渇水しているそうだ。この下を通る圏央道が水脈を切ってしまったか?ここも見どころの1つだが渇水とは‥、非常に残念。

「御主殿の滝」横の脇道から「御主殿」へ。ナント「礎石」が並べてある。3年前はただの野っ原(失礼「曲輪」)だった。

更に館(床板のみ)と‥

そこから見る庭園らしき物も復元されている。面白いのは建物まで復元されていれば厳禁だろう土足で上がる事が現在は許されている。どちらにしても、ここまで復元されていれば当時を想像しやすい。

本来は「御主殿」入口である「冠木門」「御主殿」側から抜け「石段」を見下ろす。















 興味が尽きないのはこの「石段」「安土城」「大手門石段」とよく似ている事。下は「安土城」だが雰囲気はまったく同じだ





















 



「後北条」「織田」は当時、友好な関係にあった為「氏照」公「信長」公の影響をきっと受けた。そう想像すると面白い。ここから出土された「ヴェネチア産レースガラス」「織田」ルートで手に入れた。そんな物を持っていたのは「信長」公くらいと思えば納得も出来る。さて久しぶりに「氏照」公を訪ね「八王子城」に行ってみたが良く理解できる様、施設等が整い山城自体を実感できる様になっていた。非常に好感的だ。機会があれば又、訪ねたい城だ。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.net

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop