ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「黒田孝高・長政」公 前篇

2014/10/16

戦国武将を訪ねて…「黒田孝高・長政」公 前篇

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…

「黒田孝高・長政」公 前篇 

「官兵衛」こと「黒田孝高」公と‥

嫡子「長政」公を訪ねて九州・福岡へ‥。

まずは日本三大八幡宮の一つ「筥崎宮」へ。ここで「孝高」公は九州平定の論功として豊前、三分の二を与えると「秀吉」公より示される。

又、本殿脇には「千利休」奉納と伝わる「石燈籠」がある。

のちに「関ヶ原合戦」後までの10年以上を豊前「中津城」「長政」公が納め、「孝高」公「秀吉」公の軍師として京都や大阪に拠点を移す。「関ヶ原合戦」後は「長政」公の関ヶ原の論功として得た筑前にいよいよ入る。この間に「孝高」公は出家して「 如水円清」と号している。写真は「孝高」公「福岡城」の居館が完成するまでしばらくの間、暮らした「太宰府天満宮」の参道。

鳥居の先に見えるのが「楼門」

「本殿」

学問の神様だけに合格祈願や学業成就を願う沢山の絵馬が奉納されている。

7年の歳月をかけて完成した「福岡城」。ここに福岡藩初代藩主として「長政」公が入る。写真は「三の丸」を囲む「内堀」

橋上から見る「上之橋御門」

「上之橋御門」を城内から見る。

「三の丸」から「二の丸」への門のうち「東御門」から入ってみる。長方形の石台があるがそこにかつて「東御門」があった。

「東御門」を抜け「三の丸」を振りかえる。

「二の丸」を護る「石垣」。その向うは「三の丸」「内堀」

「扇坂御門」「本丸」を護る「二の丸」内、最後の門。

「本丸」へ入る為にはこの石垣の先にある‥

「本丸表御門」を抜けなければならない。「表御門」は現在「黒田家」の墓所がある「崇福寺」の山門として移築されている。

ここにかつて写真の山門「本丸表御門」があった。さてここから「本丸」内に入るが続きは中編で‥。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop