ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「米沢上杉家」④「上杉鷹山」公 前篇

2015/02/04

戦国武将を訪ねて…「米沢上杉家」④「上杉鷹山」公 前篇

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…「米沢上杉家

「上杉鷹山」公 前篇
 

「上杉家」を訪ねる上ではこの人は必ずだろう。「上杉家」中興の祖「上杉鷹山」公。地元では「鷹山」公様とまで言われている「米沢」の恩人である。江戸時代中期、財政難に陥っていた「米沢藩」の危機に立ち向かうべく「上杉家」に養子として入ったのがまさに、この人「鷹山」公である。

まずは712年創建「米沢」の鎮守「白子神社」へ。

「鷹山」公が藩主襲封にあたり藩政再建を目指し大倹を誓う「倹約誓詞」を2通を奉納している。

「米沢」効外にある「愛宕神社」

1771年2度目のお国入りを果たした「鷹山」公を待っていたのは干ばつであった。領内の寺社に雨乞いの祈祷を命じ又、自らもここから登拝して「謙信」公を祀る御堂で雨乞い祈願をしている。

遠山にある「籍田の碑」 

農耕の大切さを伝える為「鷹山」公自ら鍬を入れたと伝わる。

「笹野観音」。譜代の「上杉家」の崇敬を受けた古刹。

「あじさい寺」としても名高い。1779年には「鷹山」公が観音堂を再建している。

境内には大きな鷹の像がある。これはこの地域に伝わる「笹野一刀彫」を農家の冬の副業として「鷹山」公が推奨した「お鷹ぽっぽ」を模した物。

「笹野一刀彫 お鷹ぽっぽ」

笹野のランドマークでもある「大きなお鷹ぽっぽ」

そして「上杉神社」には「鷹山」公を慕うように2つの銅像も建つ。「米沢」には他にも2つの像がある。これは全国でも珍しいだろう。それだけ地域の人達に敬われていると言って良い。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/info@shot-plan.

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop