ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「北条氏邦」公 前篇

2015/04/26

戦国武将を訪ねて…「北条氏邦」公 前篇

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

      〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

 埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…

「北条氏邦」公 前篇


「北条氏康」公四男「氏邦」公を訪ねて武蔵国「鉢形城」へ。

まずは「鉢形城歴史館」に寄って史跡の確認を。

館内に再現された「櫓門」を見上げると城兵が、こちらを狙って弓を構えている。戦国時代であればここで終わり‥。

城郭を知る上でやはりジオラマが一番、分かりやすい。

「氏邦」公書状。

「氏政」公書状。

「三つ鱗」の家紋が付く具足。「鉢形城」に伝わる貴重な文化財を目にした後、実際の城郭へ足を踏み入れる。

城の西にある「大手」。JR八高線踏切近くにある場所から‥

「諏訪神社」が建つ「馬出」へ。

「虎口」を抜け「伝逸見曲輪」へ。写真左上には「石積土塁」が見える。この上に「櫓」が建てられていた可能性がある。

写真左下が「おくり泉水」。今は水はひいてしまっている。中央の少し盛り上がった所が「馬出」。その奥が「二の曲輪」

「馬出」から「おくり泉水」を望む。

「おくり泉水」の半分を「土塁」で分けている。ここには弁天様の社があった。写真の盛り上がっている部分がそこになる。

「おくり泉水」の向うに廻り込めるがその先は崖になる。下には「深沢川」が流れる。なるほど、これは強固な防衛線になる。

「伝逸見曲輪」から「三の曲輪」には復元された「四脚門」が建つ。

「三の曲輪」にはこれも復元された「石積土塁」が建つ。見た目には簡単に登れそうだが城郭はそうはいかない。結構な段差だ。

何とか「石積土塁」に登り「四脚門」「三の曲輪」内を望む。

ここからは「伝逸見曲輪」「大手」方面も望める。

「三の曲輪」の奥は「伝秩父曲輪」になる。

「三の曲輪」を分ける「空堀」

「三の曲輪」内にある復元された「井戸」

「伝秩父曲輪」から「三の曲輪」、その先の「二の曲輪」を望む。この後「二の曲輪」そして「本曲輪」に向かった。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
  
リフォーム無料相談

←ホームページはコチラから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/info@shot-plan.

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop