ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「小笠原忠真」公

2015/11/26

戦国武将を訪ねて…「小笠原忠真」公

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!

     〈地域密着で安心リフォームをお約束〉

埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 戦国武将を訪ねて…

「小笠原忠真」公

「関ヶ原合戦」の4年前、慶長元年(1596年)に生を受けた「小笠原忠真」公を訪ねて‥

「明石城」へ。


1617年信州松本より明石に国替えとなった「忠真」公は明石城の南西約1kmの明石川河口西岸にあった「船上城」に入城。1618年「小笠原氏」10万石の居城として又、西国諸藩に対する備えとして城郭を建設するよう将軍「秀忠」公より命令される。



普請は1619年に始まった。「本丸二ノ丸三ノ丸」「石垣」及び「土塁」「堀」等の普請は同年中に終わっている。

「東ノ丸」の北側にある「薬研堀」

「二ノ丸」から瀬戸内方面を望む。

「本丸」の北側にある「桜堀」

「二ノ丸」から「本丸」へ。

「本丸」から瀬戸内方面を望む。

「巽櫓」

「坤櫓」

「石垣」等の普請後「忠真」公は直ちに「櫓」「御殿」「城門」「塀」等の作事に入る。廃城となった「伏見城」等の資材が用いられた。


「天守台」「天守」は築かれなかったようだ。




「稲荷曲輪」

「武蔵の庭園(樹木屋敷)

 「忠真」公に長く仕えていた「宮本武蔵」「忠真」公の命を受けて城内(現在の陸上競技場附近)に「樹木屋敷」を造ったという記録が残る。また「武蔵」は城下の町割を行ったともい言われている。

「御茶屋」。藩主が客を接待した場所。この後「忠真」公は豊前小倉15万石に移封される。「島原の乱」の際には長崎守備の任も果たしている。

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。
      リフォーム無料相談

←ホームページはこちらから!
㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net
TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845
MAIL/
info@shot-plan.net

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop