ブログ

BLOG

HOME > ブログ > 戦国武将を訪ねて…「水野勝成」公 (刈谷藩主篇)

2014/09/28

戦国武将を訪ねて…「水野勝成」公 (刈谷藩主篇)

リフォーム 埼玉 越谷←ホームページはコチラから!       〈地域密着で安心リフォームをお約束〉  埼玉県越谷市リフォーム工事をしていますSHOT PLANの廣野です。いつもブログをご覧頂き有難うございます。  戦国武将を訪ねて…

「水野勝成」公 (刈谷藩主篇) 

「水野勝成」公を訪ねて刈谷城へ‥。画像 Wikipediaより

「勝成」公によって近世城郭に変貌した「刈谷城」

「本丸」東にある「町口門」。ここから南にある‥

「緒川口門」へ。どちらも住宅街の中にあり城内を感じる物はない。

「大手門」。道路左側は「三の丸」になる。

「三の丸」に現在あるのは郷土資料館。以前は小学校の校舎だったそうだ。

「本丸」の周りには池がある。かつての「堀」の雰囲気を醸し出している。

この池の畔に「刈谷城址碑」と共に‥

トヨタの創始者である「豊田佐吉」の像が建つ。「豊田佐吉」は豊田紡織株式会社をここ刈谷で設立した。

「本丸」は現在、「亀城公園」として整備されているが同時に発掘調査も進んでいるようだ。

又、「本丸跡」には「十朋亭」という建物が建つ。

かつてここが城だったろうように上手く公園として整備されているが‥

もっともそれを感じるのは「十朋亭」の裏側に残されている「石垣」の一部。かつての城郭部だそうだ。確かにここだけ重厚さを感じる。

「本丸」を後にしここより北東にある‥

「椎の木屋敷」に足を運んだ。かつて椎の木が多く茂っていて、この辺り一帯を「椎の木屋敷」と呼んだそうだ。

ここは「本丸」辺りの「亀城公園」よりも観光然として整備されている。

ここには、かつて「勝成」公の伯母であり「徳川家康」公の生母である「於大」が一時住んでいた。その縁もあり「於大」を郷土の顔として広く浸透させているのだろう。但しこの「刈谷城」を三河における「徳川」の重要拠点として磨きあげていったのは「勝成」公であろう。そう感慨に浸りながら「刈谷城」を後にした。

(福山藩主篇)←はコチラ!

リフォームに関するご質問・お問い合わせは、お気軽に下記、無料相談までお越し下さい。   リフォーム無料相談 ←ホームページはコチラから! ㈱SHOT PLAN www.shot-plan.net TEL/048-989-6844 FAX/048-989-6845 MAIL/info@shot-plan.

地域限定特別企画

地域限定特別企画

pagetop